【断酒35日目】キンモクセイで去年は最悪だった事を思い出す【アルコール依存症主婦】

こんにちは。アルコール依存症(予備軍)のアラフォー断酒主婦 晴花(はるか) です。

お酒をやめられない女だった私が「断酒」に至ったきっかけについてはこちら↓
【アルコール依存症主婦】断酒のきっかけについて

お酒をやめたい。でもやめられない。そんなアルコール依存症主婦の私でございましたが。

断酒35日目。
続いています。

キンモクセイ。

皆様のお住いの地域は、もう咲いていますか?
(写真は全然関係のない花でスミマセン。^ ^;)

最近、ブログを見ていると多くの方がキンモクセイの話をされているのを見かけますが、こちらはまだほとんど咲いていません。

キンモクセイの香りは大好きです。

しかし、キンモクセイの花というと去年の病んでいた時期の事を思い出します。^ ^;

スポンサーリンク

去年のキンモクセイの季節は・・・

去年のちょうど今頃。
心がとっても病んでいました。

あ。飲みまくっていたので体も病んでいたかとは思います。

まぁ、その前後1年は身も心も病み続けていたわけなのですけれど。

去年のちょうど今頃は、関西から関東に引っ越してきて2ヶ月ほどたったという時期でした。

子供は3歳ともうすぐ2歳。

昨日の日記でもチラッと書きましたが、上の子(息子)は「宇宙人」で下の子(娘)は「イヤイヤ期真っ只中」で、二人ともが超絶にややこしい(うるさい)時期でした。

【関連記事】
【断酒34日目】1年間で子供はめちゃくちゃ成長するが大人はどうだ?

娘のイヤイヤ期はちょっと変わっていて。
「イヤ!!」という代わりに、なぜか「痛い!!」と叫ぶ子でした。^ ^;

暴れてかーちゃん(私)をバシバシシバきながら、「痛いー!!!」と。

いや、痛いのはこっちなんですけど!???_| ̄|○

という状態。

上の子(息子)のイヤイヤ期はメッチ普通のイヤイヤでした。

なので、道端などで「イヤイヤ」の愚図り(大泣き)が始まっても、わかりやすいイヤイヤ状態だったので周りの人は「あー。お母さん(私)、イヤイヤ期で大変そうやなー。^ ^;」という同情の目で見てくれることが多かったのですが、娘の場合はなんだか一味違ったのでした。

だって、そこらへんで「痛い!痛いよーーー!!」と叫びまくるのですから、まさに虐待されている子の叫びのようでした。

かーちゃん(私)めっちゃ気まずい。。

外でのそれが嫌で、家にいればいたで、家の中で同じ状態なのでそれもタチが悪いのです。

家の中で大声で「痛い、痛い」と叫ばれる恐怖ったらなかったです。

まさに密室での虐待が疑われる状態でしたので。--;

しかも、近所には誰も知っている人はいない。

そんな中、引っ越して1週間目くらいの時に、マンションに「苦情の手紙」がきたんですね。

「子供の泣き声と親の怒る声が大きいです。」と。

いえ。
うちに名指しで来た苦情ではなく、管理会社からの全戸一斉通知でした。

子供が多いマンションだったので、子供と親の声が大きな家はうちだけではありませんでした。

しかし、充分にうちが周りに迷惑をかけている状態ではありました。

本当に子供の声がうるさかったですし、私もそれを止めるのに大きな声は出していましたので。_| ̄|○

それ以前も子供の声には親である私も困っていたのですが、そこからは、もうより一層どうしていいのかわからない状態になってしまい。

家にいても外にいてもいたたまれない日々が続きました。

子供がイヤイヤ期で叫んでも、どうしたらいいかわからない。

おまけに自分の子供の声に無頓着な旦那は早朝でも夜中でもすぐに窓を開けようとする・・・。--;

頭がおかしくなりそうでした。(実際なってたと思います。)


そんなある日、家から出てゴミを捨てに行こうとすると懐かしい「キンモクセイ」の香りがすることに気づいたのでした。

子供の頃住んでいた家の近所にも、結婚してからこれまで住んでいた近所にも「キンモクセイ」は咲いていて。
その香りに久しぶりにホッと心が緩んだのでした。

そこからは、毎日「あー。キンモクセイの香りだ。」と癒されつつもどこにキンモクセイが咲いているのかとかは時に気にしないままとその香りを感じていたのです。

が。

だいぶ経ってから気づきました。

キンモクセイは住んでいたマンションの玄関にもうちの部屋(1階)の庭の前にも咲いていたのです。

長い間全く目に入っていませんでした。

その頃は本当にストレスで周りが全然みえなくなっていたのです。

なので、今。
「キンモクセイ」というと、しんどかったその頃の事が一緒にうかんで来ます。

今年は子供達も落ち着き、マンションに知り合いも出来、断酒も始めた状態で「キンモクセイ」の季節を迎えることができています。

去年との違いにありがたさを感じつつ。

来年のこの季節には、「去年のこの時期に断酒を始めて、もう1年か」と懐かしめると嬉しいなと強く思います。

あ。今、書いてて気づきました。

あの頃(去年)のしんどさ(ストレス)と比べたら、断酒の辛さなんて屁でもない!

あれ?なんでそんな事に今まで気づかなかってんやろう?

そんな事にも気づいた、キンモクセイの季節でした。

なので、今日も飲みません。

子供も成長してるんだし、私も変わっていかなくては!

ではでは。

コメント

  1. NISSAN より:

    おはようございます。NISSANです。
     暑かった夏も過ぎ、秋の気配が出てきましたね。
     キンモクセイの思い出、これからも晴花さんの「苦い思い出」「良い思い出」として残っていくことでしょう。
     今年、来年、その次、と、秋になりキンモクセイの香りで過去を振り返りつつ、前を向いて歩んでくださいね、一歩、一歩。
     断酒できている幸せを思いっきり感じとってください!。

     では今日も酒のない良い一日を!。
     

    • 晴花(はるか) より:

      ★NISSAN
      記憶は上書きできるとのことなので、キンモクセイの思い出も「良い思い出」となれば嬉しいです。
      (悪い思い出も忘れきってしまうのは危険ですけど。^^;)

      今日も呑みませんよー。
      いつもありがとうございます。

  2. とも より:

    晴花さん、おはようございます!ともです(^^)

    キンモクセイ、こちらでも咲いています😄
    ちようど昨日、公園で2歳くらいのお子さんとお母さんがキンモクセイの香りを楽しんでおられました。晴れていても長靴をはくんですよ〜って話してらっしゃいました。

    昨年の今頃、晴花さんは苦しい日々を過ごしていたんですね…
    ブログを読んで、心が痛みました。
    周りの方が、子供について知っていてもらえていれば、気持ちも少し楽ですが、知り合いがいない中で、苦情を聞くと、会う人に猜疑心っていうか、みんなよく思っていないのかと感じますよね…

    私も子育てが結構孤独で、しんどかったです。自分が行きたいところ(図書館とか)に子供を連れていっても、息子が本をバッサバッサ棚から落としたり(笑)

    スーパーでうるさくして周囲の視線が痛かったり…

    あぁ、もうどこに行けばいいんや〜ってなってました(笑)

    児童館いったり、子育てサロンいったり、でも私が友達できず(笑)

    今、晴花さんが元気で、去年よりずっといい状態でいられること、ほんとに嬉しいです😄

    • 晴花(はるか) より:

      ★ともさん
      こんにちわ。
      今朝通園時に見てみると、家の周りはまだでしたが別のところのキンモクセイは咲きはじめていました。^^
      あー。晴れても長靴!かわいい「ちびっこあるある」ですね。^^
      ともさんもなかなか孤独な子育てだったんですね。
      多くの人が通った道!と思っても、その時々では「辛いもんは辛いんやー!」ですよね。^^;
      ともさんのコメントにはいつも励まされております。
      ありがとうございます!

      • とも より:

        こちらこそ、いつも丁寧なお返事ありがとうございます!晴花さんも頑張っておられるので、私も元気がでます(^^♪