【断酒247日目】私が下したひとつひとつの選択、それが運命なのだ

こんにちは。晴花(はるか)です。

断酒247日目。
続いています。

私という運命について

選ばなかった未来
選べなかった未来

など、

どこにもない。

私が下したひとつひとつの選択

それが運命なのだ

Amazonプライム・ビデオでたまたま出会って見ていたドラマ。

私という運命について」に出てきたセリフです。

このドラマとても引き込まれました。

スポンサーリンク

私が下したひとつひとつの選択、それが運命なのだ

今は落ち着いて断酒を続けることができている私ですが。

断酒初期は飲酒欲求や離脱症状など、お酒で狂った脳ミソにかなり振り回されてきました。

今は、そういうことは全くありません。

落ち着いている今だからこそ。

ふと「お酒か。飲む?飲んじゃう?」

というような、

強烈な飲酒欲求とは違う「思考」がポンッと上がってくることがあります。

そんな時は

「飲んだらどうなる?どうしたい?」

と、自問自答し、毎回ひとつずつ「断酒を続ける」という選択をし直しています。

「選択し直す」作業はほんと一瞬なんですが。

確かに頭で考えて自分で選んでいます。


先述のドラマ「私という運命について」は、

病気(癌、心臓病)

テロ

天災

という、「人が抗うことができないもの」と「自分で選べるターニングポイント」が織り交ぜられて出てきます。

「運命の再会」的な出来事も起こりつつ。

でもそれは自分の意思で選ばなくちゃ掴み取れない結果でもあって。

物語の締めのセリフが冒頭のものとなります。


アルコール依存症も症状は様々です。

なので、「お酒をやめること」を

自分でコントロールできるという人もいれば、

「天災」と同じくらい自分ではどうしようもない・・・という人もいるかもしれません。

でも、それらも「自分で決めている」ことなんですよね。きっと。


主人公との周りの人のやりとりでとても好きな場面があります。

「康一郎(主人公の息子)はきっと幸せになります。そんな気がします。」

「あんたがそう思うんなら、そうだねぇ。」


私の断酒はしんどくないです。

シラフでいる方が楽しいからのまないのです。

人生は「苦労の連続が当たり前」なんてまっぴらごめんです。

私は幸せに楽しく生きるんです。

私がそう思うから、そうなんです。

だから、今日も一日飲まない選択をします。

というわけで。

私は断酒を続けます。


・・・って。

断酒については、現在比較的スムーズに続いているので、偉そうに?というか簡単そうに書き綴っている私ですが。

ダイエットについては全然スムーズにいっておりません。

ダイエットも断酒もコツは同じところにあると感じているのですが。

全く活かせていない私でございます。

あーれー?

このままぽっちゃりで年老いていく運命なのだろうか・・・?ーー;


ドラマ「私という運命について」の原作本はこちらです。↓

Amazonレビューがとっても良くて、思わずポチってしまいました。^ ^

コメント

  1. ちゃちゃ より:

    晴花さん、はじめまして。
    子育て主婦・断酒のキーワードではじめてこちらにきました。
    二歳児子育て主婦ですが、飲酒でしかス
    トレスを発散できない現状です。
    ストレスの原因は夫(話が噛み合わない)が7割、子育てに口出ししてくる近所の実親が2割、イヤイヤ期の子供が1割。
    なんとか飲酒以外でストレスを解消させる方法はないかと探り中です。
    まだ全部の記事は読んでいませんが、こちらで何かを得られればと思っています。

    • 晴花(はるか) より:

      ★ちゃちゃさん
      おはようございます。はじめまして!
      コメントありがとうございます。
      飲酒のストレス源が似てますね。^ ^;
      私は子供が3歳と2歳だった2年前が育児ストレスのピークでした。--;
      そしてストレス源には旦那と嫁業も混ざってました。
      うちの旦那は良い人なのですが、ナチュラルに会話が噛み合いません。^ ^;
      会話が通じない相手しか周りにいないとか頭おかしなりますよね。笑(←笑いごっちゃない)
      月並みですが、子どもが幼稚園に入るくらいの年齢(3歳〜4歳くらい)になるとだいぶ楽になりますよー。(たぶん)
      子どもが宇宙人でなくなり、旦那よりも話しがスムーズに通じる相手となってくれました。
      なので、私がお酒を止めることができたのは子どもが4歳と3歳になった時なんです。
      アカンことかもしれませんが、私の場合子どもが3歳と2歳の時は完全にお酒に救われていたので、本当にしんどい場合は、子どもが3歳になったらやめよう!とかだけ決めておいて、今すぐ無理にやめなくても良いのではないかな?とも思ったりもします。(今すぐやめられるのであればやめるにこしたことはないと思いますが)
      ちなみに、私の場合、断酒ブログも良いストレス発散になりました。
      「達成感を感じるタイミングが少なく何も残らない主婦業の毎日」の中、ブログを1本書き上げること。それは小さな達成感となって書いたものが積み上がって残っていく喜びも感じることができました。
      本当に育児お疲れ様です。飲まなやっとれん!状態になる気持ちめっちゃわかります。
      お互い主婦業&育児&シラフへの道踏ん張っていきましょう〜。

  2. NISSAN より:

    おはようございます。NISSANです。
     私は過去も未来も自分の運命だと考えます。
     アルコール依存症になったのも運命。そして過去はもう帰ることは出来ません。

     ですので、自分の過去の過ちも運命として受け入れ、今は断酒を手段に未来へ生きて行こうと考えています。

     今日、明日の未来は自分で創れると思うのです。断酒を手段に自分の未来を創れる!、素敵だと思いませんか!。

     晴花さんも形は違えど、ご自分の運命を受け入れて「未来を創っている」と感じます!!!。

     では一日断酒、ご一緒に!!!。

    • 晴花(はるか) より:

      ★NISSAN
      おはようございます!
      コメントありがとうございます。
      「未来はつくれる」ステキな言葉!
      本当にそうですね。^ ^
      飲酒中の去年と断酒中の今とでは見える未来が全然違います。
      今日も断酒でよろしくお願いします!