【断酒365日目】祝★断酒継続1年経過★HappyBirthday幸せな私!!

こんにちは。晴花(はるか)です。

断酒365日目。
続いています。

毎日のスタートは朝酒から・そして止まらない下痢・・・。

そんなめちゃくちゃな飲酒生活を送っていた昨年の夏。

断酒1日目がなかなかスタートできず、「断酒ブログ」を先に作って断酒に挑むという荒技?で成功させた今回の「断酒」。

そんな「断酒生活」が、「祝!1年」を迎えることができました。

【関連記事】
また今日も断酒できなかったダメダメな私
【断酒1日目】ガンバレ私。やっと断酒スタート

断酒初期のとての辛い時期を乗り越えて、1年間断酒を続けることができたのは、ひとえに「ブログを書いたこと」そして「そこにコメントを下さった方々のおかげ」だと感じています。^^

あと「断酒Twitter」にも大変お世話になっております。

(↑ Twitterいまだにあんまり使いこなせていないけど。^^;)

スポンサーリンク

祝★断酒継続1年経過・・・な、夏休み

そんなめでたい(?)夏休みではありますが。

この夏休みはというと。

前半は暑すぎてだいぶ引きこもっておりました。

わたくし、夏の暑さが、大の苦手でして・・・。

断酒前まで、自分が暑さに弱いのは「飲酒量が多いせい」だと思い込んでおりました。

毎日が二日酔いなので、日中に水を飲む量もアホほど多く。

暑い場所ではすぐに大汗をかいて完全に「おっさん」状態だったのです。

が。

断酒をしても、なぜかこの点は変わらず。^^;

暑い場所ではすぐに大汗をかく暑さが苦手な「おっさん」なのは断酒を続けている今年もなのでした。

(なんでやねん・・・。_| ̄|○)

が。

大きく変わったのは気持ちの面です。

断酒時代につきまとっていた、恐ろしいほどの「不安感」「罪悪感」「自己否定感」

それらが、断酒によってきれいさっぱり平常運転になってくれた現在、

無駄に罪悪感に苛まれることも、自己否定感にとらわれることも(ほぼ)ありません。

飲酒時代であれば、

「せっかくの夏休み、子どもをもっと連れ出してあげるべきなのではないか?」

などなど、悶々としながら引きこもるか、頭で考えた「こうあるべき?」に応えるべく無理して外にでていたように思います。

が。

今回はめっちゃ健やかで建設的に「引きこもり」することができました。^^

子どもたちが、部屋や庭(マンション1階のベランダ)で遊べる材料は色々用意しつつ兄妹で勝手に遊んでいてもらい、私は部屋の中の「断捨離」とこれまで手をつけてこれなかった「気になる事」をクリアにすることに集中。

外遊びは、旦那が休みの土日がメインという夏休み前半を過ごしておりました。

おかげで、この期間で色んなことがスッキリ!!


結婚してこの6年、海外を含めた引っ越し3回。

単身赴任に伴う旦那のみの引っ越しがプラス2回。

その間に年子2人を生んで、途中に介護も発生。

今年、やっと下の子も幼稚園に入り、ホッとできるかと思いきや、うっかり幼稚園の役員を引き受けてしまい平日が超ハード・・・。

(幼稚園ノ役員ナメテタゼ・・・。_| ̄|○)

と、バタバタ続きで置き去りにしてきた、

「気になってたけれども後回しにしてきたこと」を、

この夏休み前半ですべて整理することができたのでした。^^


そして。

後半戦!

やっと(急に)涼しくなってきた今、

超元気に子どもたちと外遊びを満喫することができております。^^

毎日、眠る前「今日は、〇〇が楽しかった!」「かぁちゃん大好き」「眠るまで離れないで」と

犬コロのようにまとわりつく子どもたちとゴロゴロしながら

こんなに幸せで良いんだろうか?

と、こわいくらいの幸せを感じております。

といっても

「今日一日断酒」よろしく「今日1日怒らない」という誓いをたててみても守られる日はないというような。

子どもにイライラして怒ることが無い日は無いというような毎日ではあります。^^;

が。

うん。

幸せです。

シラフってすごいなぁと思います。


今回、私の断酒は1年スムーズに続いたわけなのですが。

(もちろん、断酒初期はそれなりに苦しみました。)

それは、私を取り巻く状況が「恵まれていた」ことも大きいと感じています。

私が断酒をはじめた時期が

引っ越しに伴い「長男の嫁業および介護をしなくてもよくなった」こと。

「年子の下の子が3歳になり、宇宙人から人間になった」こと。

と、私の飲酒の原因になっていたストレスの元が無くなった時期と上手く重なり、それが断酒をスムーズに進めることができた一因となっていると思います。

なので、すべての人にとっての断酒がこんなに簡単なものではない。

という、ことは想像できます。


ですが、

私自身、断酒初期に

「断酒は難しいと言われているが、私はそんなに苦しまずに続けることができたよ。」

「飲酒欲求が苦しかったのは最初の2週間だけだったかな?」

というような、

「断酒はそんなに難しくなかった」という、経験を伝えてくださる方の言葉に励まされて「断酒に対する不安」を「希望の光」に変えることが出来ていました。

ですので、

私の断酒はスリップなどで苦しんだりというようなリアルでドラマティックな山場がありません。

が。

こんな感じで、初期は苦しんだけれどもその後はなかなかスムーズに断酒1年を迎えることが出来、今とてもシラフ生活が幸せです。

という私のような断酒パターンもあるんだということを知って、

「断酒してみようかな?」

と、思ってもらえるきっかけにでもなれればいいなぁ・・・とぼんやり思ったりしております。^^

といいましても。

私自身がまだまだ、断酒の世界ではひよっこです。

妊娠出産で3年断酒しても、その後すぐにお酒に溺れた前科もあります。

ですので、これからも初心を忘れずにシラフの幸せが続くように飲まない1日を続けていきたいと思います。

【関連記事】
また今日も断酒できなかったダメダメな私
【断酒1日目】ガンバレ私。やっと断酒スタート

というわけで、

今日ものみません。

ではでは。^^

コメント

  1. めい より:

    偉いですね(’-’*)♪
    子供たちの為に断酒!
    私にも三人の子供がいます。
    もう、何年も毎晩アルコールを摂取する毎日
    幸い、アルコールで問題を起こしたことや、
    健康診断の結果も問題無しの為
    断酒は、考えていませんが
    これからの健康の為にもせめて週に1日は休肝日を作りたいと、数年前から思いながら1日も、呑まない日を作れていない現在です
    だから、ブログよんで、偉いなと感じました。
    まだまだ子供さん、小さいですからね。

    • 晴花(はるか) より:

      ★めい様
      コメントありがとうございます。^^
      いえいえ、断酒しないとどうしようもなくなるまで飲みまくってしまった私よりも、適量で抑えて飲める人の方が偉いと思います。
      うちの主人も毎日お酒を飲んでいますが、かつての私の飲み方とは明らかに異なり、適量?を上手に呑んでいると感じます。
      からんだり朝酒したりとかないですし。
      ですので、節酒で行けるのであれば、断酒でなくても休肝日を作らなくても、毎日飲む量が大量でなければ良いんじゃないかなぁ?と個人的には感じています。
      (←医学的にはなんの知識もない私の「何の根拠もない」意見でしかありませんが。^^;)
      お子さん3人もいらっしゃるんですね!お互い「体が第一」ですので、上手く手を抜きながらお酒に振り回されず「健康」に「楽しく」生きて行けるように頑張りましょうね~。^^

  2. gotonanko より:

     断酒3年目、アラフィフのオヤジです。
     物置に2年間以上も放置されていた缶チューハイ1箱を洗面台に流して廃棄していたら、1口だけ飲みたい!という強い飲酒欲求が湧いてきました。「これはイカン!本当に飲んでしまいそうだ!」
     断酒の決意を固めるために、断酒日記ブログをネットで探して、この日記にたどり着いて、読ませて頂きました。おかげさまで、「ちょっとだけなら大丈夫だろ」という甘い飲酒欲求をなんとか抑えて断酒を継続しています。本当に、飲酒欲求には油断も隙も許せません。飲まないのが当たり前になった今頃に、「少しだけなら」と飲酒の誘惑が襲います。断酒は成功率より失敗率がはるかに高い、とても難しい治療です。しかし、生き残るには、断酒しかありません。
     断酒継続には、ブログやSNSは、すごい効果があります。ネットの向こう側には、同じように頑張っている断酒仲間がいます。愚かな飲酒を繰り返すという同じ経験を持つ、顔も名前も知らない匿名の仲間がいます。励まし合い、弱さと脆さを嘆きながら、飲まずに生きる時間を少しでも延ばしましょう。もしも、再び、飲んだくれてしまったら、おそらく50才台あたりで死にます。家族を残して、生ゴミのような死骸を晒して死んでしまいます。死なないように、ともに断酒を頑張りましょう。

    • 晴花(はるか) より:

      ★gotonanko様
      コメントありがとうございます!
      断酒3年目。大先輩ですね。^ ^
      日々の飲酒欲求はほぼなくなりましたが、だからこそ湧いてしまう「もう飲んでもいいのでは?」的なふと浮かぶ飲酒欲求は今でもふいに訪れるので本当に危険だと感じております。
      だからこそ、ブログやSNSでの断酒つながりには本当に助けられているとおもいます。
      お酒にとらわれすぎるのもいけませんが、自分がアル依存で断酒している身であることを忘れないようにすることは大事ですね。^ ^;
      お互い、シラフ生活楽しみましょうー。^ ^