ストレスでスリップしそうになる人は、Aimee Mannの「Wise Up(ワイズ・アップ)」を聴くべし

こんにちは。晴花(はるか)です。

断酒6日目

お酒を(私のように)アホほど呑んでいた人の中には、お酒以外の問題を抱えている人が少なくないと思います。

例えば、何かしらのストレス。
例えば、、、その他の何か。(ストレス以外思いつかなかったけれど、他にもある・・かな?)

そんな問題で気持ちがザワついてしまった時、嫌な気持ちを鎮めてくれる曲があります。

優しいのか冷たいのかよくわからない歌詞と美しい声がたまらない、エイミーマン(Aimee Mann)の「Wise Up」です。


(↑英語歌詞つき)

この曲は、映画「マグノリア」のラストシーンで歌われていた曲でもあります。

スポンサーリンク

映画「マグノリア」

映画「マグノリア」は、最後に空から大量のカエルが降ってくる、あの映画です。
(雑すぎる説明・・・)

ものすごく好みが別れる映画だと思いますが、私は好きです。

映画は数回見ただけなのですが、音楽が好きすぎて「サントラ」を買って何回も聴いていました。

エイミーマンの「ワイズアップ」もこのサントラに入っています。

エイミーマン「ワイズアップ」


(↑映画マグノリアとのコラボPV)

歌詞の和訳はこちらがわかりやすいと思います。↓

フィリップ・シーモア・ホフマンに捧ぐ「ワイズ・アップ」
子連れママのための英語サークル:Aimee Mann,”Wise Up”(ワイズ・アップ)

人生、
そんなはずじゃなかった。と思うことばかり。
ずっとそう。何も変わらない。
だから、もう、あきらめて

簡単にまとめると、こんな感じの歌詞で。

「So just give up」

って?おい。そーくるか?

と。
一見ネガティブ風な歌詞なんですけれど、キレイな声で淡々と歌われるそれはとても優しいものなのです。

(※先に補足しておきたいのですが、以下の感想は決して「断酒」を否定しようとしているものではありません。)

今、「飲酒」で苦しんでいる人の中には「断酒」さえできれば自分の人生は今よりも良いものになると信じている人も少なくないかと思います。

ですが「断酒」さえできれば、人生上手くいくかといえば、そんな訳はなく。

もともとの「飲酒」の原因となった問題が解決せずに残っているままでは、スリップの危険も大きく残ったままですし、いずれなんらかのトラブルが発生する可能性が大きいのではないかとおもうのです。


この「ワイズアップ」の歌詞では繰り返し歌われます。
「あなたが学ぶまでは何も変わらない。」と。

これは「ええ加減、学べよ」そして「もう受け入れようや」という意味かと。

何を学んで受け入れるのかというと、

人生はいつだってどうしたって(誰だって)思い通りに行くものではなく、何かひとつ解決したからってそれで全てが思い通りに行くわけでは無い。

それが普通の状態。

思い通りに行く人生なんてあるわけ無いんだから、抗わずに受け入れてみては?という感じでしょうか。
(あくまで私の解釈です。)

これは「抗わない→断酒しない」ことを言いたいわけではなく、飲酒の元になっている「ストレスなどの何かしらの問題」についての話です。

そうすることで「断酒」さえすれば全てが上手くいくと思っていたのに、(ストレスの根本は)何も変わらないじゃないか!と、自暴自棄になる危険性が和らぐのではないかと思うのです。

断酒中に、飲酒衝動の元となるストレスが発生してスリップしそうになる事が多々ある人には、ぜひ一度ゆっくり聴いていただきたいな。と思う1曲です。

歌詞についてアレコレ書きましたが、歌詞の意味がわからないまま聴いても、その美しいメロディーと声に気持ちが落ち着く事間違いなしですよ。

いかがでしょうか?

ではでは。