断酒後に甘い物が止まらない!体重増加のストレスに負けそうなあなたへ

HALTを知って飲酒欲求を抑えるコツをつかもう!【断酒11日目】

こんにちは。お酒をやめた!「元大酒飲み」な アラフォー 断酒主婦 晴花 (はるか) です。

\ クリック!応援してね /
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ    

断酒主婦はるかが撮った花

お酒をやめたい!でもやめられない!」そんなアル依主婦の私でございましたが。

断酒11日目
今日もなんとか断酒は続いています。

断酒を継続するには「HALT」 (ハルト) に気をつけろ という警句があります。

というわけで、飲酒欲求を抑える方法を知りたい人必見!

断酒継続を阻む「HALT」とは?・・・についてのお話です。

HALTを知って飲酒欲求を抑えるコツをつかもう!:断酒11日続いています

「HALT」とはドイツ語で「ストップ」の意味で、断酒を阻む要素の頭文字となります。

(hunger):空腹
(anger):怒り
(loneliness):孤独
(tiredness):疲労

これら「空腹」「怒り」「孤独」「疲労」がきっかけで、人の「飲酒欲求」は起こりやすくなります。

だから、断酒中は「HALT」にならないように気を付けましょう!というわけなのです。


H(hunger):空腹

私はあまり「空腹」で「飲酒欲求」が起こるという事にはピンとこなかったのですが、空腹時に飲酒欲求が湧くという人はかなり多いみたいです。

ですので、飲酒欲求を抑える方法としておなかを「満腹」にしておくことはとても大事な要素のようです。

例えば。

仕事のストレスでお酒に走りがちな人は、仕事が終わって家に帰る前にコンビニなどで何か軽食を購入しておなかに入れておくなど。

そうした工夫で、帰宅後の飲酒欲求を抑えることができたりもするようですよ。


A(anger):怒り

「怒り」は、個人的によくわかりますね。

これめっちゃ飲酒欲求に繋がります。

これの対策は・・・う~ん。難しい・・・。

私は「Twitter」で愚痴るなどで消化(昇華・消火)することが多いですね。


L(loneliness):孤独

「孤独」は嫌いではないのですが、「寂しさ」を伴う「孤独」は確かに飲酒欲求に繋がるな~と実感します。

「孤独」の対策としては、「断酒会」や「Twitter断酒部」などが役に立つかと思います。


T(tiredness):疲労

「疲労」も私にとって飲酒欲求に直結しがちです。

「疲労」による飲酒欲求の対策方法としては、「寝逃げ」が有効だったりします。

「寝逃げ」は断酒するようになってから、断酒界隈でよく耳にする言葉なのですが、とりあえず「寝る!!」という意味です。

疲労による飲酒欲求に限らず、あらゆる場合の飲酒欲求にも効果があると思います。

まぁ、「眠れる暇あったら苦労せんわ!」な場合も多いかとは思いますが、疲れすぎてお酒が飲みたくなった場合は出来るだけ「とりあえず寝る!!」→「寝逃げ」がおすすめでございます。


飲酒のきっかけの把握とコントロール

「HALT」に気をつけた方が良いのはわかりつつも、これらに気をつけるだけで「断酒」できるのであれば、今「こう」はなってへんっちゅーねん!とも思ったりもします。

しかし、まぁ…「HALT」も含めた「自分の飲酒のきっかけ」について把握しコントロールしていくことはとても大事だと思います。

というわけで。

私も「飲酒のきっかけの把握とコントロール」について一度考えてみたいと思います。


私の場合の飲酒のきっかけとなることについて

私の場合の「飲酒のきっかけ」 (飲酒欲求が湧くきっかけ) についてですが。

私の場合「HALT」でいえば、飲酒欲求のもとははだいたい「怒り」や「疲労」です。

だいたいは、怒って疲れて「飲まなやってられねぇ!!!(怒)」みたいになりがちなパターンが多いです。

お酒によって「怒り」を忘れることができましたし、「疲労」はお酒がカンフル剤となって回復し元気になることができましたので。

そんなこんなで。

長い間、お酒は私にとって「怒り」や「疲労」をなくしてくれる『ありがたい存在』だったのです。

しかし、飲酒を続けた結果、今では「飲酒」がさらなる「疲労」と「怒り (イライラ) 」を引き起こすようになりました。


お酒を飲んでも疲労も怒りもまぎれない

迎え酒をしなければ朝から動けなくなるくらいになったとき、「お酒」は「怒り」や「疲労」をなくしてくれるどころか「増幅させるもの」でしかなくなっていたのでした。

あの連続して大量の飲酒をしていた時の「体のしんどさ」「憂鬱さ」「不安感」は、自分がその時抱えている「怒り」や「疲労」や「不安」などと比べて余りあるくらいの「苦痛」でした。

が。

また「飲酒欲求」は簡単に沸いてきますし、お酒がまだ、『ありがたい存在』だった時の記憶によって、「飲酒欲求」が勝ってしまいそうにもなるんですよね。

「飲酒欲求」はなんやかんやと今後も一生ついて回るものだとは思いますが、上手くいなせるようになっていきたいです。

HALTを知って飲酒欲求を抑えるコツをつかもう!|まとめ

お酒を飲むと、精神的にも肉体的にも「楽」になれた時期は確かにありました。

しかし、飲み過ぎた今はもうそうではありません。

目の前にある 、お酒で紛らわせたくなるような 「怒り」や「疲労」などの苦痛と、

飲酒後の苦痛と、

呑んだことによるその先の苦痛を

しっかり天秤にかけるようにしないといけませんね。

あとは、「怒り」や「疲労」以外の「空腹」「孤独」も含めた、「HALT」全般に気をつけつつ・・・

今日も飲みません。

ではでは。

~ 断酒日記は明日へつづく ~


最後までお読みいただきありがとうございました。

\ クリック!応援してね /
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ    




「断酒」には炭酸水&リンゴ酢
「断酒」のために読んだ本
鬱や脳機能改善の助けに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。